ネオワイズ彗星

E-M1 + Zuiko Digital 14-54mm 唐子浜

7月18日の午前3時頃目が覚めた。月がきれいだったので北東の空が開けた海岸まで行ってみた。早起きして写真を撮りにいくなんて久しぶり。車を停めて海岸から海を眺めると彗星があるであろう水平線にまんべんなく雲がかかってて、2時間ほど早朝の海辺を堪能しただけになってしまった。貴重なひとりの時間。これはこれでいいか。明るくなってくると3~4人ほど三脚を立ててる人が見えてきて驚く。

2016年に購入したスマホ(Moto G4 plus)がフリーズしたりエラーメッセージが頻出して限界になってきた。7月27日に新しいのを注文する。最新モデルより1万円安い、1世代前の Moto G7 plus にした。2.6万円でした。Android 10 にアップデートできるし、コモディティ化してるのでこれで十分でしょう。

A little bit of things

FUJIFILM X-A3 + XF35mm F1.4 R

もう5月末だ。

旧正月~3月は、COVID-19の影響が出まくる。現(5/23)段階では、物流などの懸念してたことも元に戻りつつあり、大きな影響はないかも。仕事は微増で、目標の第2段階(AC-10)はクリアして、胸をなでおろしている。新刊のコミックスが1冊も買えない状況は脱出した。4年以上もこんな状況だったのは狂ってたよ。今年中に第3段階(AC-13)を超えて、第4段階(AC-18)まで到達したい。

私は人類滅亡系のSFが好きなので、COVID-19の警告文、ニュース内容で本が現実にとクラクラする。今まで物語になってないような致死率の低いウィルスでこうなるとは驚きだ。

小学生の娘氏たちが3月頭から5月中頃までほぼずっと家にいて、騒がしくて、仕事とかち合ってストレスが溜まる。そのパワーは学校で同級生と発散してきて欲しい。

出かけない生活のため、Nintendo Switch を購入した。気づいたときには売り切れていて電気屋さんの購入権利抽選クジで当選して購入できた。スーパーファミコン以来の任天堂ハードだ。娘氏たちがスマブラしている。個人的には、ゼルダ、ウィッチャー3、スカイリム、ディアブロ3、ダークソウルあたりを遊びたい。2020年末ぐらいにSwitch Liteをこっそり購入して遊ぼう。

Switch は子どもたち用なので、ちまちまと3DSをしている。幻想水滸伝 ティアクライスを40時間ぐらいでクリア。DSソフトというのは置いておこう。おっさんになってしまったので主人公の、おおおおおっ、ぬおおおおっ、の熱血が気になりつつも、序盤のシナリオの引きは強くて、そこを広げるんだと関心した。キャラのカットインとたまにある突拍子な会話がときメモっぽい。主人公が枯れたおっさんたちで、しかたねぇなぁとボヤきながら知恵で動くJRPGがやってみたい。

息子氏が初めて幼稚園に行く。行きたくないと泣きまくり、登園後も泣きまくり「登園時間を最遅にしていただけないでしょうか(意訳)」と言われる。しかし、1週間程度で慣れて、遊べる場所だと理解が進んだようで、幼稚園に行くのが楽しみになっている。毎日楽しそうで、最初に泣いて先生を手篭め(?)にして快適な空間を作ったのではないか疑惑がある。

カメラは撮りに行く暇がない。子どもたちの話を聞いてくれ、注目してくれパワーの強いことよ。

公園と砂浜

瞳

X-A3 + XF60mm F2.4 R Macro きれいな石を拾って見せにきた息子氏

気分転換に家族で近所のインラインスケートのできる公園に行って、スーパーでお弁当を買ってから、海を見に行く。昼食後、1時間近く海に石を投げた。子どもたちに上手に水切りのやり方が伝えられなかった。

2019年 あれこれ

2019年7月から更新してなかったので、2019年12月までのメモ。ずっと仕事をしている感覚なのだけど、まだ回ってなくて困っている。

7~8月は、後回しにしていた事務作業に手を付けなければならなくて、死んだ。不甲斐なさ過ぎて思い出したくない。でも、2018~2019年前半の状況から考えると許してくれ。そして、この事務作業でとても時間と気力を奪われてしまい、7月の売上の伸びが消えて、8~11月に死ぬことになる

8~11月は、一回作ったものに不備があったので、作り直しという非生産的な作業を繰り返した。消費税のアップと主力商品に競合が出てきてしまい大いに困る。

12月は、8~11月の掘って埋めての繰り返しが終わり、商品の組み合わせ方や売上を伸ばす方法などいくつかのアイディアが回り始めた。でも、目標に全然届いていない。年末には楽になっている予定だったので、冷や汗をかいている。

希望と撤退と、いや希望があるのですよ(目をぐるぐる回しながら。

離乳完了

12月だ。年の瀬だ。公開していなかったら年明けしたぞ。

ここは9月頃に書きかけだったお話。離乳は2か月飲んでないので終わりとしましょう。2歳超えだったからか、そこまで執着しなかった。1か月ぐらいはうんこペースが4~5日に一回と少なくて苦しそうなので、3回ぐらい浣腸した。カレンダーに書き込んで管理した。ほぼ毎日、午前0時就寝、午前夜3時起きるペースだった。2か月近く過ぎて、ようやくどちらも落ち着いてきた。嫁様が深夜対応してくれて、ひたすら感謝だ。

9月5日に初めて「かぁさん、こっち」とたどたどしく2語しゃべりました。話すのは遅いみたい。こちらから言うことはわかるみたいなので、個体差でしょう。

あとはオムツ。2019年12月末には、まだ外れておりません。

お母さん愛がすごくて離れたがらない。

スイガイ

スマホカメラ

お恥ずかしい話ですが、斜面にある超ボロイ借家に住んでる。マンション4階ぐらいの高さで、借家の前後とも崖。市が公表しているハザードマップで、がけ崩れや土石流の指定は受けていない。

7月6日(金)
18:30 天気予報を見ながら実家(愛媛)に帰ろうかと考える(帰らなかった)
22:30 しまなみ海道が降雨のため通行止めになる(帰れなくなった)

7月7日(土)
6:30 ゴオオオと大きなトラックが通るような音がする(近所の空き家が壊れた)
8:00 ガラガラガラと雷のような音と土煙を見る(近所で軽い土石流)
9:00 朝ご飯を食べてしまなみ海道が通行可になれば実家に帰ることを決める
10:30 正午から断水になるとの情報がLINEで回ってきたので水を溜める
11:45 断水になる前にソーメンを作って食べる
15:30 しまなみ海道の降雨通行止めは解除されたが、多々羅大橋付近が災害で通行止めになる。夜、再度大雨予報だったので、その前に実家に帰りたかったが、帰れない。至る所が通行止めになり、身動きが取れなくなる。陸の孤島状態。
21:30 子どもの友達からウチに避難してはどうかと誘われてお言葉に甘える
22:30 移動完了(住んでる借家よりキレイというオチつき)

7月8日(日)
親戚や昔からの知り合いがいない街に住んでる。このお誘いで、子どもの友達と遊んだり、一緒に銭湯に行ったり、本当に助かりました。私もにぎやかにできて沈まなくてよかったと言っていただけたのもうれしかった。
18:00 しまなみ海道が通行可になったので、実家へ出発する
19:30 実家に無事到着

7月5日夕方から7月7日朝にかけて軒先に置いたバケツに2.5杯分(約500mm)の水が溜まっていた。

家族は無事です。が、偶然何もおこらなかっただけの紙一重でした。なんとなく自分は大丈夫なのではと思うのではなく、ヤバそうな予報を見たら早急に安全なところに避難するのが鉄則でした。

飲料水、パン、ガソリンがなくなった。ガソリンは本当に注意が必要で、半分になったら満タンにしておけというのは今後守るようにする。

こういうイベントいらないから。

ただ、実家で時間ができたので、会いたい人に会えて、話せて、考えを整理できてよかった。最近、地域のそこそこ重要なお店が閉店したことと合わせて、現状の見直しに大きな影響、いや、トドメみたいになりました。スイッチする。

A little bit of everything

スマホカメラ + VSCO 広島空港

えーと、1年以上ぶりだ。それなりに元気に生活してる。前回のエントリーは…と、うわぁ、景気悪い。ちなみに2016年末どころか今も新しいカメラは買えてなくて、既存の機材をやりくりしている。あれほど見ていたカメラ系の情報サイトを全く見なくなってしまった(悔しいので)。

お仕事は以前のエントリーとは関係ないPlan Bが実行中で、でも結局、暗中模索、七転八倒、希望を作ってへし折られてを繰り返している。まったく希望が生まれずに折られるばかり。いろいろ減るいっぽう。タイミングによっては心が折れそう。ただ、そういうものなのでしょう。今まで考えてた希望は小手先ばかりで、本物の希望が作れてないのはわかってきた。こんな全般的な感覚が、おぼろげながら掴めてきたので、早く向こう側に渡ってやる。

そして、そんな辛いことばかりではなくて、目がクリクリで、にまっと笑う赤ちゃん(男)が家に来てくれました。周りの人曰く私に似ているらしい。自分だとわからないものですね。おっぱいだけでハードウェアとソフトウェアを自己アップデートしていて、すごいなーと日々抱っこしながら考えてる。手をにぎにぎして不思議そうにしたり、自分の足を触ってみたり。これって巨大ロボットに乗って、まだ操作感覚がわからない感じよね。この頃、目がどれぐらい見えてるか、周囲をどれぐらい認識しているのかを知りたい。昨夜は炬燵の下を探検してました。抱っこしてなかったのに泣かなかった。

エントリー空白期間は、Plan Bの計画と実行と同時に赤ちゃん諸々でした。ほんの3、4年前に、なんでカップルだらけの淡水で、独りで写真撮ってるんだろう、誰も話す人がいないよ、と暗雲たる気持ちになってた日々に比べたら圧倒的リア充なんでしょう。

ブログなんて書けないと思ってたけど、書けた。よかった。

ヨコバイ

アシアナ航空

E-PM1 + ZD 40-150mm 広島空港

初夏になっても数字は伸びずに横這いという、とてもツライ状況だ。これはどう分析すればいいのだろう。現状の商品力では弱く、皆がひれ伏す圧倒的な看板メニューを作らないと、どうにもならないってことかな。ふむ。なんかすっきりした。常連さんの存在や駐車場ができたことによる微かな光もあるので、どうにか繋げたい。

結局、写真撮りになんてほぼ行けてないという。

年末にはX-T2を購入するぐらいの欲望と覚悟でがむしゃらに作り上げるべし。

ZEISS Milvus 2/50M でもイイよ!

Endless Summer Vacation

部屋

X-E1 + XF35mm F1.4 R 実家

9月になっても夏休みが終わらない。不思議、不思議。

そんなわけで無職になってしまったので、仕事を探してる。ハローワークへ行って希望の給料を入れてみると学歴不問の現場仕事だけ該当するので(大卒って資格は不要なのでは?)と思ったりもする。親が泣く。それに書いてないだけで必要な仕事もあるだろう。高卒のあの子は大卒じゃないと雇ってくれないと言ってた。月並みだけど生涯学習みたいな仕組みは必要だなー。

ハローワークの職員が「この日以降に就職しないと再就職手当がもらえないよ!」的なことをやたらに強調してて、それは大切だけど強調して説明するところが違うんじゃね?と違和感を覚える。全体的に制度や仕組みが分かりづらい。ハローワークで年金の手続きもできれば便利なのに。

エミール・ブッシュの双眼鏡

エミール・ブッシュ (Emil Busch AG )

D700 + Carl Zeiss Makro Planar T*2/100 ZF

祖父が持ってた日本海軍の双眼鏡があるよ、というので出してもらった。レンズは汚れていてボディもほこりだらけだったので、父と協力して、外観を掃除したり、バラしてレンズを拭く。完璧に汚れは落ちず、レンズも細かい傷があるけど、不自由なく見えるようになった。

余談だけど、父は仕事を引退したので家にいる。私も家にいるので、二人で昔の話や趣味、仕事といろいろ話をしている。なかなかない貴重なタイミングだと思う。

エミール・ブッシュ (Emil Busch AG )

倍率調整(?)のネジに EMIL BUSCH と RATHENOW とあり、ググってみるとエミール・ブッシュ社が引っかかった。ドイツ製だったか。レンズが入っている筒はリポビタンぐらいの大きさで、プリズムを使わないガリレイ式のシンプルな双眼鏡。真鍮とアルミの組み合わせが美しい。カメラのストラップを付けたので、持ち歩いてみたい。