ネオワイズ彗星

E-M1 + Zuiko Digital 14-54mm 唐子浜

7月18日の午前3時頃目が覚めた。月がきれいだったので北東の空が開けた海岸まで行ってみた。早起きして写真を撮りにいくなんて久しぶり。車を停めて海岸から海を眺めると彗星があるであろう水平線にまんべんなく雲がかかってて、2時間ほど早朝の海辺を堪能しただけになってしまった。貴重なひとりの時間。これはこれでいいか。明るくなってくると3~4人ほど三脚を立ててる人が見えてきて驚く。

2016年に購入したスマホ(Moto G4 plus)がフリーズしたりエラーメッセージが頻出して限界になってきた。7月27日に新しいのを注文する。最新モデルより1万円安い、1世代前の Moto G7 plus にした。2.6万円でした。Android 10 にアップデートできるし、コモディティ化してるのでこれで十分でしょう。

梅雨

E-M1 + ZD 70-300mm

雨の中、田植えをする。濡れるんだけど雨のほうが涼しくていいかもしれない。

息子氏が絵本をめくりながら「ページ」と話して、その単語を知っているんだと驚く。まだまだ発音が安定していなくて「ごちそうさま」が「ごちちた!」で愛らしい。謎単語の「いてーく!」は最近あまり聞かない。謎のままになってしまった。一人称は自分の名前で、周りの真似をしようにも私は~って話さないよね。

娘氏はマインクラフト ダンジョンズを楽しんでいる。コントローラーを1個買ってきて3人で遊んでいる。ユニークだ、レアだと、まさか子どもたちとハクスラするとはねえ。

オリンパスのカメラ事業撤退はやっぱりな結果で、ニコンも先行き不安だ。以前ほど写真を撮らなくなっているので最新商品を追いかける気力が薄い。あんなにレンズを買ったのにD700が壊れたらそのままになりそうだ。仕事で使うわけでもないし。嫁氏はフルHDのビデオから写真を切り出してアルバムにしている。現状だと4Kのビデオカメラが正解なのかもしれない。一瞬を切り取るのは楽しいけれど子どもたちの写真を残すにはって話ですね。

ZD 25mm のゆくえ 結末 他

E-PM1 + M.ZD 14-42mm II R 八田原ダム

ZD 25mm f2.8 が見つかった。玄関に放置していたサーモスの折りたたみクーラーバッグから出てきたという、驚いてから、なるほど、とうなずいてしまう。お出かけした時に持って行こうとした記憶があるもの。今まで探していた場所がまるっきり見当はずれだったということで、フォーサーズとマイクロフォーサーズのマウントアダプタがふたつになった。便利だけど、ちょっと痛い出費になってしまった。

2015年から、台湾帰国直後の万能感あふれるテンションで、向いてないことをしてしまい、大きな失敗をして、2019年3月に撤退戦をした。実家に転がり込んだ。そういうことだ。書き留めておこう。泣き言書いてないで(書いて消した)、次に進もう。

ZD 25mm F2.8 のゆくえ

スマホカメラ

2018年末ぐらいから、ZD 25mm f2.8 と MMF-2 が見当たらないと気になりつつ、それどころではなかった。棚の下や裏側、車の中を探しても出てこなくて、どうやら息子(現在1歳10ヵ月)が、偶然ゴミ袋に入れて、そのまま捨ててしまった線が濃厚だ。orz 彼が届く場所に置いておいた私が悪い。

ZD 25mm f2.8 は、単焦点なのに湾曲があって、微妙に暗いので、大好きなレンズまでは届かなかったのだけど、被写体にグッとよれるし、軽くて出番はあったのだ。どちらかというと MMF-2 が痛い。マイクロフォーサーズのレンズは広角しか持ってないのよね。さて、どうしましょうか。

ヨコバイ

アシアナ航空

E-PM1 + ZD 40-150mm 広島空港

初夏になっても数字は伸びずに横這いという、とてもツライ状況だ。これはどう分析すればいいのだろう。現状の商品力では弱く、皆がひれ伏す圧倒的な看板メニューを作らないと、どうにもならないってことかな。ふむ。なんかすっきりした。常連さんの存在や駐車場ができたことによる微かな光もあるので、どうにか繋げたい。

結局、写真撮りになんてほぼ行けてないという。

年末にはX-T2を購入するぐらいの欲望と覚悟でがむしゃらに作り上げるべし。

ZEISS Milvus 2/50M でもイイよ!

よめません

尾道市 西土堂

E-PM1 + ZD 25mm F2.8 尾道市 西土堂

寒っ。寒さにはもう飽きてきた。そして、一ヶ月エントリーしてなかったという驚き。ありゃりゃ。シゴトしてる。感触があるようなないようなまったく読めない展開death。早く3月にな~れっ。

データSIMを入れたiPhone 4sとdocomoガラケーの2台持ちだったのだけど、docomo を止めて1台にまとめようとしている。docomoは14年間使って端末も8年前に購入したのに、2年縛りが発生するのはヤクザな会社だよね。端末はまだまだiPhone 4s使うよ。

Dive!

ジャンプ猫

Olympus E-PM1 + ZD 25mm F2.8

このままだと年が明けそう。シゴトしております。

マウスより重いモノなんて持ったことないのにッ!

彼岸花

Olympus E-3 + ZD 70-300mm

おおっ!一ヶ月も更新してないとは。写真を撮りに行く時間もないけれど、忙しいだけで元気にしている。

3週間ほど肉体労働が続いて3kg痩せてアゴ周りがすっきりした。写真に撮られるとはっきりわかる。台湾の7年間で6kg増えて、帰国後1年で自然に3kg減り、この3kgで元通りになったということ。うれしい。

台湾流

ペンギン

E-PM1 + ZD 25mm F2.8

プライベートが慌ただしくて、台湾時代に培った「誰も何もしてくれないぞ、自分で何とかするんだ」の精神で地味に乗り越えている。これらのことはまとめて別のところに書くべきなんだろう。

両親に、引っ越すからというと特に驚かれることもなく、台湾に長く居たから隣県なんて近いよね、と思い直す。

ISS

ISS

E-PM1 + LUMIX G VARIO 7-14mm F4.0
(撮影情報:f4.0 108.8秒 ISO400 補正:Photoshopで傾きとトーンカーブ調整)

ISSが、7月31日20時半頃に日本上空を通過するとのことで、カメラと三脚を持って大角海浜公園キャンプ場まで出かけた。「きぼう」を見ようで事前に調べたデータは以下の通り。

20:32 方位229(南西) 仰角13度
20:35 方位18(北北東) 仰角77度
20:38 方位45(北東) 仰角10度

初の撮影でよくわからないためE-PM1は方位だけあわせてシャッターを開きっぱなしで放置する。左側にうっすらと写っていた。

ISS

D700 + Carl Zeiss Distagon T*2.8/25 ZF
(撮影情報:f2.8 12.9秒 ISO800 補正:なし)

ISSが真上に来てようやく気づいた。どの星よりも明るく、大きく、滑るように空を進んでいった。

ISS

D700 + Carl Zeiss Distagon T*2.8/25 ZF
(撮影情報:f2.8 13.5秒 ISO800 補正:なし)

想像以上に早い。

ISS

D700 + Carl Zeiss Distagon T*2.8/25 ZF
(撮影情報:f2.8 42.0秒 ISO800 補正:Photoshopでトーンカーブ調整)

f5.6ぐらいまで絞ってバルブ時間を長くして、できる限り軌跡を長く捕らえた方が、軌道を感じる写真になったのではと反省。20秒ぐらいは開きっぱなしにしたい。

また時計を秒単位で正確に合わせておくこと。

ひょっとしてZD70-300mmとデジタルテレコンの組み合わせでISS本体の撮影ができるのでは?機影を捕らえた写真はISO2500、1/1000秒との情報あり。今度試してみたい。