Canonの高倍率ズームレンズ調べ

D700 + CarlZeiss Distagon T* 2.8/25 ZF f2.8 1/15s ISO200 龍山寺

以前、キヤノンのAPS-Cサイズ機の標準レンズを調べてて、高倍率ズームレンズはどうかなーと気になったので候補を調べてみる。

  1. Canon EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS(5.9万円)
  2. TAMRON B008 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD(5.5万円)
  3. SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM(3.9万円)
  4. SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM(4.9万円)

(1)は純正だけど、発売日が2008年9月下旬と古い。595gと重ため。(2)は、というか、TAMRONはズームリングの回転方向が純正と逆らしい。450gと最軽量でありつつ、望遠側が35mm換算で432mmというグッとくるスペック。TAMRONの60周年モデルで気合いが入っている。リンク先のWebサイトも豪華である。写真家のサンプル画像が多くてとても良い。(3)は、えらい安い。なぜだ。490g。2011年11月14日発売と新しいのだけど飛び抜けて安いのが気になる。(4)は630gと候補の中で最も重い。両親用なので重いのは却下なのだよなー。

f値や最短撮影距離はほぼ同じなので追求せず。デジカメWatchで見つけたレビューにリンクを張る。

デジカメWatch タムロン「18-270mm F3.5-6.3 Di II VC PZD」一本でシンガポールを撮る
デジカメWatch 交換レンズ実写ギャラリー SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM

軽さは正義ですよ。

“Canonの高倍率ズームレンズ調べ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。