スイガイ

スマホカメラ

お恥ずかしい話ですが、斜面にある超ボロイ借家に住んでる。マンション4階ぐらいの高さで、借家の前後とも崖。市が公表しているハザードマップで、がけ崩れや土石流の指定は受けていない。

7月6日(金)
18:30 天気予報を見ながら実家(愛媛)に帰ろうかと考える(帰らなかった)
22:30 しまなみ海道が降雨のため通行止めになる(帰れなくなった)

7月7日(土)
6:30 ゴオオオと大きなトラックが通るような音がする(近所の空き家が壊れた)
8:00 ガラガラガラと雷のような音と土煙を見る(近所で軽い土石流)
9:00 朝ご飯を食べてしまなみ海道が通行可になれば実家に帰ることを決める
10:30 正午から断水になるとの情報がLINEで回ってきたので水を溜める
11:45 断水になる前にソーメンを作って食べる
15:30 しまなみ海道の降雨通行止めは解除されたが、多々羅大橋付近が災害で通行止めになる。夜、再度大雨予報だったので、その前に実家に帰りたかったが、帰れない。至る所が通行止めになり、身動きが取れなくなる。陸の孤島状態。
21:30 子どもの友達からウチに避難してはどうかと誘われてお言葉に甘える
22:30 移動完了(住んでる借家よりキレイというオチつき)

7月8日(日)
親戚や昔からの知り合いがいない街に住んでる。このお誘いで、子どもの友達と遊んだり、一緒に銭湯に行ったり、本当に助かりました。私もにぎやかにできて沈まなくてよかったと言っていただけたのもうれしかった。
18:00 しまなみ海道が通行可になったので、実家へ出発する
19:30 実家に無事到着

7月5日夕方から7月7日朝にかけて軒先に置いたバケツに2.5杯分(約500mm)の水が溜まっていた。

家族は無事です。が、偶然何もおこらなかっただけの紙一重でした。なんとなく自分は大丈夫なのではと思うのではなく、ヤバそうな予報を見たら早急に安全なところに避難するのが鉄則でした。

飲料水、パン、ガソリンがなくなった。ガソリンは本当に注意が必要で、半分になったら満タンにしておけというのは今後守るようにする。

こういうイベントいらないから。

ただ、実家で時間ができたので、会いたい人に会えて、話せて、考えを整理できてよかった。最近、地域のそこそこ重要なお店が閉店したことと合わせて、現状の見直しに大きな影響、いや、トドメみたいになりました。スイッチする。

A little bit of everything

スマホカメラ + VSCO 広島空港

えーと、1年以上ぶりだ。それなりに元気に生活してる。前回のエントリーは…と、うわぁ、景気悪い。ちなみに2016年末どころか今も新しいカメラは買えてなくて、既存の機材をやりくりしている。あれほど見ていたカメラ系の情報サイトを全く見なくなってしまった(悔しいので)。

お仕事は以前のエントリーとは関係ないPlan Bが実行中で、でも結局、暗中模索、七転八倒、希望を作ってへし折られてを繰り返している。まったく希望が生まれずに折られるばかり。いろいろ減るいっぽう。タイミングによっては心が折れそう。ただ、そういうものなのでしょう。今まで考えてた希望は小手先ばかりで、本物の希望が作れてないのはわかってきた。こんな全般的な感覚が、おぼろげながら掴めてきたので、早く向こう側に渡ってやる。

そして、そんな辛いことばかりではなくて、目がクリクリで、にまっと笑う赤ちゃん(男)が家に来てくれました。周りの人曰く私に似ているらしい。自分だとわからないものですね。おっぱいだけでハードウェアとソフトウェアを自己アップデートしていて、すごいなーと日々抱っこしながら考えてる。手をにぎにぎして不思議そうにしたり、自分の足を触ってみたり。これって巨大ロボットに乗って、まだ操作感覚がわからない感じよね。この頃、目がどれぐらい見えてるか、周囲をどれぐらい認識しているのかを知りたい。昨夜は炬燵の下を探検してました。抱っこしてなかったのに泣かなかった。

エントリー空白期間は、Plan Bの計画と実行と同時に赤ちゃん諸々でした。ほんの3、4年前に、なんでカップルだらけの淡水で、独りで写真撮ってるんだろう、誰も話す人がいないよ、と暗雲たる気持ちになってた日々に比べたら圧倒的リア充なんでしょう。

ブログなんて書けないと思ってたけど、書けた。よかった。

ヨコバイ

アシアナ航空

E-PM1 + ZD 40-150mm 広島空港

初夏になっても数字は伸びずに横這いという、とてもツライ状況だ。これはどう分析すればいいのだろう。現状の商品力では弱く、皆がひれ伏す圧倒的な看板メニューを作らないと、どうにもならないってことかな。ふむ。なんかすっきりした。常連さんの存在や駐車場ができたことによる微かな光もあるので、どうにか繋げたい。

結局、写真撮りになんてほぼ行けてないという。

年末にはX-T2を購入するぐらいの欲望と覚悟でがむしゃらに作り上げるべし。

ZEISS Milvus 2/50M でもイイよ!

閑古鳥が頭上で舞うセイカツ

おかげさまで生きてます。ずいぶん更新していないブログを覗いていただいて、ありがとうございます。ここは調べ物して書いてるわけでもないので、今日は何々があったというような日記を書けばよいのだけど、後回しになってる。

お店は、三月になれば、暖かくなれば良い方に変わるでしょうとの他力本願な希望はあっさり打ち砕かれ、冬の低空飛行を続けることになり青い顔をしてた。というか今もしている。気温じゃなかったか。みなさまにとって行く価値のないお店なのであろうかと頭の中がぐるぐる回っている。

メニューとインテリアは好評な感じなので(目の前でダメだって言う人もいないだろうから鵜呑みにしていいのだろうかとも思うけど)、この原因はやはり場所なんだろうか?お店の場所が悪いってなんだろう。単純に、行こうっ!て時の敷居の低さであり、車社会だと駐車場で解決できる問題か。しかし、駐車場は高いし、近所に空きがない。真剣に探してない部分もあるな。ここはなんかお店が次々にできて次々に潰れるよねという場所を回避していればよいのか。場所。場所。場所。知名度?時間?それまでもつの?

なんだかよくわからない文章だ。

文字だけのエントリーなんて久しぶり。写真を撮りに行ってない。夜であろうと明るいレンズを持ってウロウロするぐらいはするべきだなあと閑散な午後に思う。

よめません

尾道市 西土堂

E-PM1 + ZD 25mm F2.8 尾道市 西土堂

寒っ。寒さにはもう飽きてきた。そして、一ヶ月エントリーしてなかったという驚き。ありゃりゃ。シゴトしてる。感触があるようなないようなまったく読めない展開death。早く3月にな~れっ。

データSIMを入れたiPhone 4sとdocomoガラケーの2台持ちだったのだけど、docomo を止めて1台にまとめようとしている。docomoは14年間使って端末も8年前に購入したのに、2年縛りが発生するのはヤクザな会社だよね。端末はまだまだiPhone 4s使うよ。

あけましておめでとうございます

花

Olympus OM-1 + Zuiko 35mmF2.8

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

来年はライカで撮影した初日の出でも載せたいもの。

初夢は車で瀬戸大橋みたいな橋を運転してたら対向車がぶつかってきて、ふっ飛んで欄干を超えてしまい、海面まで落ちる際に(あ、これ死ぬやつや)と思いスローモーな展開になり着水して浸水(着水の衝撃は再現できなかったらしい。体験したことないからね)。車には緑のやたらゴテゴテしたカプセル状の射出装置が装備されていて、海面に浮上して無事に助かるものでした。さっぱり謎。

そして、現実。税務署からの提出書類に苦戦している。多く、厚い資料が届く。どの書類を書いて、どこに提出すれば良いのかが、ひと目でわからないのはどうなのか。税務署から届いたから税務署に送ればいいのかと思いきや、市町村に送らなきゃならない書類も混じってるんだって。市町村のどこに送れば良いのかは届いた資料に記載はなくWebで調べる必要があった(同県内なら添付書類にあったけど)。なんかねえ。プロの編集とデザイナーに作ってもらえば良いのに。

Dive!

ジャンプ猫

Olympus E-PM1 + ZD 25mm F2.8

このままだと年が明けそう。シゴトしております。

立地条件という壁、越えられる?

神輿宙まわし還御

D700 + NIKKOR 24-70mm F2.8

というわけで、ほぼローンチが完了しました。夏から会社を作ってました。勢い余ったという表現がぴったりな展開で、哈哈哈と笑うしかない。それもこれもxxが悪いんやっ!なんつって。ちなみにxxで伏せた単語は2文字ではありません。

開業に関わる細々とした作業が終わり、今は安定した衛星軌道にのせるために営業してる。ヘタすると燃料(資金)が切れそうなんだ。どこも一緒か。ブログなんて書いてる暇ではないかもしれないけど、ぎゅんぎゅん資金が減っていく不安感を残してみたいので書いてみた。

立地条件という越えられそうにない壁があって、これをどうにかできるんだろうかと絶望的な気持ちになって沈んだり、楽観主義が出てきて浮かんだりを繰り返している。最終的には場所よりも私に人を引きつける力がいるよね、そんなのないよね、今までそんな生き方ではなかったよね、と沈んだり、ぶくぶく泡立っております。

マウスより重いモノなんて持ったことないのにッ!

彼岸花

Olympus E-3 + ZD 70-300mm

おおっ!一ヶ月も更新してないとは。写真を撮りに行く時間もないけれど、忙しいだけで元気にしている。

3週間ほど肉体労働が続いて3kg痩せてアゴ周りがすっきりした。写真に撮られるとはっきりわかる。台湾の7年間で6kg増えて、帰国後1年で自然に3kg減り、この3kgで元通りになったということ。うれしい。

台湾流

ペンギン

E-PM1 + ZD 25mm F2.8

プライベートが慌ただしくて、台湾時代に培った「誰も何もしてくれないぞ、自分で何とかするんだ」の精神で地味に乗り越えている。これらのことはまとめて別のところに書くべきなんだろう。

両親に、引っ越すからというと特に驚かれることもなく、台湾に長く居たから隣県なんて近いよね、と思い直す。