束縛

D700+Distagon T* 25mm f2.8 ZF 華山1914文創園區

私を縛り付けているのは私自身。

華山1914文創園區

D700+Distagon T* 25mm f2.8 華山1914文創園區

ここんところ夜市ばかり行っているので華山1914文創園區にDistagon T*25mmを付けて行ってみた。ここはレトロ系おしゃれスポットでイタリアンレストランが多いところ。どのお店も日本と同じぐらいの価格だけどその分美味しい。あっ、文化遺産目当てだと特に何もないので行かなくて良いです。24時間入れるからなのか落書きが多いのが残念。台湾の若者もいろいろあるんですな。いや、おっさんが落書きしてるかもしれませんけど。

ついでに買い物もしたかったので三脚は持って行かずにすべて手持ちで勝負する。25mmの広さにはまだ慣れてなく、どうやったら使いこなせるんだろうかと試行錯誤中。

Carl Zeiss Distagon T* 25mm f2.8 ZF

D700+Distagon T* 25mm f2.8 ZF 士林夜市

NIKKOR 24-70mm f2.8の満足度が高くて他のレンズはいらない毎日をすごしていた。それはそれは幸せな日々。ただ、ツァイスのレンズはマニュアルフォーカスが楽しくて、写りも違う気がして休みの日はよくPlanerだけ付けて出歩いてた。そんなある日、ネットの中古レンズを見ていると・・・Distagon T* 25mm f2.8 ZFを発見。アダプターを使ってE-PL1に付けるとちょうど50mmになるなぁ。一人二役だなぁというわけわからん理由も付けて購入してしまいました。いやぁ、レンズ沼って本当に怖いですね。

夜の士林夜市で使ってみたところ、フォーカスリングの1m辺りから無限大までの移動量が少ないので素早くピントを合わせることができる。25mmの広角は屋台に近い夜市でもぴったりで、最短撮影距離が17cmというマクロレンズ並の仕様も楽しい。いや、これは良いレンズですよ。まだ夜しか使ってないので今度はお昼に持ち出してみよう。

上の写真のように小さくするとフルサイズもフォーサーズも関係なくなるので、大きいサイズが見たい方はこちらをクリック(1400×932ピクセル)。