Adobe Premiereのタイムワープ

ディスカバリーチャンネルや映画でよくある、俯瞰から早送りで役者や目標に近づいたらスロー、また早送りで過ぎ去っていく、みたいなエフェクトがやりたくて調べてみたらPremiereのタイムワープ機能でできるみたい。3時間ぐらい試していたらコツが掴めた。

  • カット割りは先にしておく
  • 動画のスピードを変えてもタイムラインでは変化がわからないので、プレビュー画面でこまめにチェックする。レンダリングに時間がかかるのもあります。
  • 映像と音声のリンクを外しておく
  • 別のシーンへのカット割りは別のタイムラインに映像を置いてカット割りする
  • 他の人が映ってて早送りすると妙にコミカルになる

タイムワープ調整後に映像をカットすると、タイムワープのパラメータからすべてやり直しになるので、最後にしなければならない。上の映像だと飛行機が出発位置に着いてからの間をカットしたかったけど、最初っからすべてやり直しになるのでそのままにしております。

家にある個人のパソコンでこんなことができるのは素晴らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です