A little bit of everything

豊国神社(千畳閣)

X-E1 + XF35mm F1.4 R 宮島 豊国神社(千畳閣)

資格試験の勉強や昼寝をしたりとゆったり生活している。勉強時間が確保できるのは、とても優雅で贅沢なことだ。今まで気づかなかったのが情けない。

カメラバッグの中を見てみると NIKKOR 135mm F2.0 の2枚目のレンズにカビが発生してた。慌ててドライボックスを買ってきてカメラバッグの中身をすべて移す。今年は雨が多かったからだろう。ホコリも多いかもしれない。orz。カビの生えたレンズはニコンのサポートに連絡して修理に出す手続きをした。やれやれ。

ついでにD700もオーバーホールに出そうかと考えたけど、もう一年使ってからにする。

田舎ならではの車がない問題に直面してる。バスは1日に4~5本、駅まで徒歩30分以上で1時間に1便しかない場所に住んでいるので、自分の車がないと、どうしても不便だ。せっかくなので貯金を削って趣味性の高い車を買おうかと悩んでる。ただ予算優先でさくっと購入した方が良さそうでもある。

Endless Summer Vacation

部屋

X-E1 + XF35mm F1.4 R 実家

9月になっても夏休みが終わらない。不思議、不思議。

そんなわけで無職になってしまったので、仕事を探してる。ハローワークへ行って希望の給料を入れてみると学歴不問の現場仕事だけ該当するので(大卒って資格は不要なのでは?)と思ったりもする。親が泣く。それに書いてないだけで必要な仕事もあるだろう。高卒のあの子は大卒じゃないと雇ってくれないと言ってた。月並みだけど生涯学習みたいな仕組みは必要だなー。

ハローワークの職員が「この日以降に就職しないと再就職手当がもらえないよ!」的なことをやたらに強調してて、それは大切だけど強調して説明するところが違うんじゃね?と違和感を覚える。全体的に制度や仕組みが分かりづらい。ハローワークで年金の手続きもできれば便利なのに。

会議中

会議中静かに

X-E1 + Voightlander SWH 15mm F4.5 ASPH II VM

わちゃわちゃしてる。弱気にならずに楽しもう。

部屋で NHK FM が聴けるようにアンテナを調整した。TVと比べて落ち着いた内容でイイ感じ。

宮島から広島港へ

広電 胡町駅

X-E1 + XF35mm F1.4 R 広電 胡町駅

8/12-13と友人(♂)と二人で呉・広島旅行へ出かけた。江田島・大和ミュージアム・宮島を巡る旅。最後に宮島から広島港へ広電で移動すると1時間45分ぐらいかかり、松山行きの高速船を二便遅らすことになってしまった。事前に調べてなかったのもイケナイけど、いくらなんでも時間がかかりすぎと別の移動手段を探してみた。

JR宮島口駅→(JR山陽本線)→JR広島駅→(広島バス)→広島港:約1時間
宮島→(瀬戸内海汽船 高速船)→広島港:約26分

最短移動時間は高速船が正解でした。でも広電は一日乗車乗船券があるから便利なのだよね。宮島ロープウエーもお得に乗れたし。

何よりも大きな問題は、男二人旅は華がなさすぎるということだった。まだ一人旅の方がいいかもしんない。

台風一過

故郷

X-E1 + XF35mm F1.4 R

扁桃腺のチェックで病院へ。「熱出なかった?まだ腫れてるけど我慢強いんだね。」と言われて、まあ台湾で6年働いた男ですからと遠い目をしてみる。

8月1日ぐらいからずーっと雨で、台風11号が8月10日の午後に過ぎ去って久しぶりに青空を見た。青空を見ると気分も良くなるのでやはり大切だ。雨が上がったので、ロードバイクのスピードメーター調整やMTBのパンクを修理する。パンクはチューブを水に入れてチェックしても気泡が出なくて、空気だけ入れて様子を見ることにした。帰国後の環境整備があらかた片づいてきた。

扁桃腺

スクリュー

X-E1 + XF35mm F1.4 R ノシャップ岬の漁港

今週の頭からずっと喉が痛いので病院に行くと扁桃腺がしっかり腫れてた。先生は、膿を取りながら辛いでしょう、これで熱が出てないなんて体力あるね、と言う。イソジンを付けたガーゼでさくっと消毒して終了。50~60代ぐらいのちゃきちゃきした感じの先生で満足できる仕事っぷりでした。あえて16時ぐらいに行ったもの待ち時間が少なくて作戦成功だ。大きなイベントも終わって、気合いが抜けて環境の変化の疲れが出たのかしらん。

北海道の旅 その3 南稚内の夜

南稚内

ノシャップ岬を観光してから晩ご飯のお店を探した。南稚内駅近くにあるオレンジ通りに飲食店が集まっているので行ってみる。通りを3周ぐらいして、焼肉、やきとり、チェーンっぽい居酒屋など、最北端でそれはちょっとみたいなお店を避けて、ぴんときた寿司屋に入った。

サッポロビール生

旅行中は、ずっとサッポロビールだった。

お通し

お通し。上寿司を頼んだ。

寿司

お寿司

お店の大将が言うには、稚内ではお寿司向きの魚介類が捕れないらしく、ここならではのネタはウニ、イクラ、タコぐらいしかない。本州で10年ぐらい修行して帰ってきて、あまりのネタのなさにびっくりしたそう。

お店は地元人向けであり、個室では学校の先生達が1学期の反省会&打ち上げをしてた。「礼文島に行きたいんですー」って言ってる先生もいて、地元の人でもいいところなんだな、と期待が膨らむ。

上寿司に含まれていなかったタコを単品で注文した。

タコ

瀬戸内海のタコも美味しいんだ。店を出てほろ酔いで駅周辺を歩く。

夜の宗谷バス

南稚内駅

南稚内駅周辺

南稚内駅

南稚内駅周辺

南稚内駅周辺

南稚内駅周辺

驚くほどスナックが多い。他にすることがないんだろう、と想像しつつ宿へ帰る。

北海道の旅 その2 ノシャップ岬

あじさい

稚内はまだあじさいが鮮やかだった。南駅前からバスに乗り20分ほどでノシャップ岬(野寒布岬)へ行く。ここは利尻富士と夕日が美しい場所。ちなみに根室にある日本の本土最東端は納沙布岬(ノサップ岬)で、名前が違う。

自衛隊稚内分屯基地

バスを降りて振り返ると自衛隊稚内分屯基地がある。雨のためいそいそと岬へ向かう。

ノシャップ岬の猫

岬を守る猫。寒そう。

ノシャップ岬

雨は止んだけれど、夕日も利尻富士もまったく見えなかった。18時近かったこともあり、お店も営業してなく閑散としている。

ノシャップ岬周辺

岬周辺を歩いておしまい。

北海道の旅 その1 移動開始

ANA584

X-E1 + XF35mm F1.4 R 松山空港

7/26から8/1まで北海道を一人旅することにした。着替え一組と防寒用のジャケット、単焦点レンズ1本とX-E1、ラップトップPC1台をバッグに詰め込む。行き先は道北だけにしぼり、松山空港→(ANA584)→羽田空港→(ANA573)→稚内空港でいきなり北端に飛んだ。ちなみに、北海道を bĕi hǎi dào と読んでしまったあなたと握手したい。

稚内空港ターミナルバス停

稚内空港からはバスで稚内市中心部へ向かう。

宗谷バス車内

天候はあいにくの雨。この低気圧は台風10号の名残で、澎湖の航空機事故が思い浮かぶ。JR南稚内駅近くに宿を予約していたので、南駅前バス停で下車。徒歩で民宿へ向かう。

南稚内の民宿

民宿の場所が稚内駅より一駅南になるので、宿泊費が少し安い。民宿を拠点にノシャップ岬、宗谷岬へ宗谷バスを利用して行ったけれど滞りなく移動できたのでおすすめ。さて、少し時間があるのでノシャップ岬に行ってみよう。