おのぼりさん的東京観光 その1

帰省する際に東京で一泊して、おのぼりさん的東京観光をすることにした。昼過ぎに羽田空港に到着する予定なので、日の出桟橋(JR浜松町駅近く)から水上バスに乗って浅草へ上陸。スカイツリー、雷門や仲見世、浅草寺を見て、友人と合流して飲み食いする計画を立てた。

まずは台北松山空港10:00(CST)発のJAL030便で移動開始する。

JALは機内食が選べなくて寂しい。

桜島が噴煙を上げていたので激写する。この日は台湾も日本も空気が澄んでいてかなりの距離が見渡せた。特に離陸直後の基隆の眺めは素晴らしく、食い入るように見てしまった。次からフィルムカメラも持って帰ろう。小さくて写りの良いフィルムカメラがいいな・・・一時流行った高級コンパクトカメラがいいですね(買うのか?)。

予想よりかなり早い13:50(JST)頃に羽田空港に到着した。ホテルのチェックイン時間には早すぎて、コインロッカーにキャリーバッグを預けて日の出桟橋へ向かう。

JR浜松町駅。東京の駅のホームは小さくてギリギリを電車が走っていって、なんだか危ない。こんなに狭かったっけ?そしてスーツのサラリーマンだらけだ(平日だから)。

日の出桟橋から浅草まで35分ぐらいの船旅。水上バスは予定よりも4便も早い船に乗れた。スケジュールを立てる際に余裕を取りすぎたというよりも失敗に近い。この後、時間が余りすぎて浅草で疲れ果てることになる。スカイツリーが見えるのは右側だ、と素早く席を取ったもののいつもの癖で船内を歩き回る。

橋の下ギリギリを抜けるので、歩いている人や自転車が見えるのが楽しく乗船時間の35分はあっという間に過ぎてしまった。写真もいいけどビデオだと視界が広がる感じがよくわかってよりオススメ。

今日はこれまで。全3回ぐらいになりそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。