ヴォル・ゲーム

レトロなパワードスーツのイラストとヒューゴー賞受賞に惹かれて購入した。調べてみると1991年の長編小説部門でした。1990年の同賞はハイペリオン。

主人公が貴族ということで、ええとこのぼんぼんかと思いきや骨の障害を持つチビのハンデキャッパーだった。これだけでうむむと唸る。アクションは苦手なので、はったりで敵を揺さぶり、味方を鼓舞して状況を切り抜けていく。手の出ない新城直衛みたいだ。マッチョになりやすい世界観で、新鮮な展開でした。

ただ読むのに時間がかかった。世界観や登場人物を咀嚼しづらいなと感じたのは1986年から書き続けられているヴォルコシガン・サガの1作だったからでした。2015年9月に新作が出るみたい。

1/8m.m.

呉市豊町御手洗

D700 + NIKKOR 24-70mm F2.8 呉市豊町御手洗

最近、活字に集中できなかったのだけどスイッチが入って久しぶりに本を読む。

「砂の女」 阿部公房 著
読んでないのにオチを知ってるのはメジャーな作品故か。寓話的な内容に加えて、緊張感も漂い、楽しく読めた。女の肉感が生々しい。私も首をかいたらじゃりじゃりと砂が落ちそう。

「ウは宇宙ヤバイのウ!」 宮澤伊織 著
もっとフリーダムな内容かと思いきや意外とまとまってた。

年上でアレな人

因島土生

D700 + NIKKOR 24-70mm F2.8 因島土生

年上でアレな人は苦手なので、どーしたものかと腕を組んでる。

「二十四の瞳」 壺井栄 (著)
学校感動系かと思えば反戦なお話。

「四国遍路」 森正人 (著)
スタンプラリー的に廻っても問題ないことがわかる。空海が八十八カ所を廻ったという事実はなく、修行者や福祉が必要な人々が細々と廻っていたのを、様々な新聞が20世紀前半に紀行文を掲載して流行らせた。太平洋戦争も高校野球も新聞よね。観光に向かっていたのを1929年に東京の原理主義者が遍路同好会という団体を作り、独自にルールを作って今に到る、と。参考文献の「娘巡礼記」がおもしろそう。

「レニングラード封鎖」 マイケル ジョーンズ (著)
この本に興味がある人にとって読みたい内容がすべてある良書。想像を絶するエピソードだらけでくらくらする。街を包囲して市民が餓死するのを待つなんて、ナチスの作戦は人外すぎる。

「台北の夜」 フランシー・リン (著)
表紙にアメリカ探偵作家クラブ賞受賞ってあるけど「この内容で?」と調べてみると処女長編賞じゃないか。全米No.1みたいな売り方だ。通りの風景まで浮かぶ地名が多く出てくるのはいい。しかし、主人公は、毒母が原因で、極度のマザコンなのでどうにも感情移入ができず、次々に出てくる女性キャラはラノベやエロゲーみたいなご都合主義に捉えられてしまって、にんともかんとも。後半は何がどうなってるのかわからない部分があって翻訳が変な気もする。カタルシスも少ない。バツ。

ミラクル回答

淡水猫

D700 + NIKKOR 135mm F2.0 淡水

台湾から帰って、ようやくハマれそうな希望を見つけたと思ったら、妙なものを掘り出してしまい、(事情はわからんでもないが)そこに着地しますか、というミラクル回答が飛び出てきて、今までの人生において最高レベルのがっかりを体験している。これを実現しないと、このド田舎では先行き暗そうなのよね。退屈でもある。・・・絶対どうにかしますけどね。

「クラカトアの大噴火」 サイモン・ウィンチェスター著
分厚い本だけど、噴火についてあまり書いてなく、必要なところだけ読んでおしまいとする。1883年の噴火で、津波が発生して船が山奥まで流されて、そこで朽ちていき1980年代まで鉄板が残ってたそう。まだ探せば当時のものがわずかでも残っているのではと想像できる、なんだか好きなエピソードだ。

実入りが少ない

伯方島北浦

E-PM1 + LUMIX G 14mm F2.5 伯方島北浦

給料がデスネ、むーかし、むかし、市役所にバイトに行ってた頃のことをほのかに思い出す程度の額で、財布の紐を引き締めるのにはええんですが、なんともぐったりした気分になる。台湾時代に比べてストレスは圧倒的に少ないのだが、ちょっとね。

「深海の使者」 吉村昭 著
太平洋戦争中、意外なほど多くの潜水艦がドイツと日本を往復していた。ただ撃沈されて資料がないからか、全体の概要みたいでハマり切れなかった。

「わたしを離さないで」 カズオ・イシグロ 著
久しぶりにページをめくるのがもったいなかった本。

準備中

スイカ

D700 + NIKKOR 24-70mm F2.8 実家のスイカ

実家の畑で収穫したスイカ。大変美味しゅうございました。

台湾から送った荷物が届いたので片付けている。忘れ物は、ほぼなさそう。デスクトップパソコンはHDDがケースから外されていたので、中身をチェックされたのかもしれない。その影響かケースの一部が破損していた。雑な作業から、そんなめんどいもの送るなよ、って科白も聞こえてくる。

畳敷きの和室に寝転がって扇風機を回しながら読書してる。これは幸せだ。200円ぐらいで面白そうな日本語の本ががっつり買えるのもなー、幸せ。

「日記が語る日本の農村」 中村 靖彦 (著)
読了。★☆☆☆☆。著者は NHK の解説委員で、長野県に住む唐沢氏が60年以上書いた日記を元にしてこの本を書いている。著者が日記の中に、激しく改革が行われた農政についてまったく書かれていない(=オレの仕事は役に立ってなかったの!?←余計な想像的補足)と何度も書いて、ショックを受けてるのが気になる。戦後でもあるし、とにかく食ってくのが最優先だろうよ・・・。全体的によくある農家生活で特別なことが書かれているわけでもないのであった。

まんがを読もう!

台北市

Kyocera Tzoom 台北市

あいかわらずなので漫画読んでます。

「34歳無職さん(1)~(3)」 いけだたかし著
主人公に、うーむ、となるバックグラウンドがあり、そういう煩わしさから解放されるためにマンガを読んでるのだよ、と3巻で止めてしまった。1巻の何もなさはよい。

「実は私は(1)~(6)」 増田英二 著
吸血鬼や宇宙人が出てくるラブコメ。にぶちん腹ぺこ吸血鬼がいい塩梅で、ぱらっと読むのにいい。6巻で推されてる幼なじみはキャラ負けてるんではないか。そもそも(漫画の世界なら)どこにでもいそうな幼なじみより吸血鬼を出すんだ。5~6巻の流れは何かの前触れであることを期待する。しかしまあ、少しだけ・・・もたれあっていちゃいちゃしたいなー((c)黒田硫黄)と弱ってる心も自覚してしまった。関西弁もいいけれど微妙に心の傷をくすぐる。弱ってる。弱ってる。ンギャース!!ギャーース!ガー!カラ元気。終わり。持論だけど単行本におまけマンガを描いてる漫画家は、漫画が好きな良い漫画家だ。

台湾ではレアな祝日

来島海峡大橋

E-PM1 + LUMIX G 14mm F2.5 来島海峡大橋

またまたオリンパスE-5後継機のウワサが出ていて、オリンパスがフォーサーズを止めると明言しない理由はなんなのだろう?やっぱりレンズ開発費?・・・結局、E-300は修理依頼せずに実家に置いてきた。次回、帰国する際に E-3 とフォーサーズのズームレンズも持って帰る予定。

「あゝ野麦峠」 山本茂実 著
説明を書く必要もないほどのメジャー作品。ウェットで悲哀なエピソードだらけかと思いきや、綿密な取材が作り上げる骨太のノンフィクションで驚く。生糸で得した人、損した人、当時の生活、世界情勢、関係した人は皆、幸せな瞬間はあれども幸せな時代ではなかったのでは?いろいろなもやもやが頭の中を巡る良書。ちょうど台湾では日本統治時代が始まった頃で、時代のイメージに広がりを加えることができた。

「空白の天気図」 柳田邦男 著
原爆投下直後の昭和二十年九月に日本を襲った枕崎台風を観測した広島地方気象台のノンフィクション。一人だけ仮名の登場人物がいて、その理由が第一章で

終章で記録される彼のあまりにも悲惨な運命を考慮したとき、実名を書くに忍びなかったからである。

と書かれていて、なにその伏線?と興ざめしつつ読み進めると、原爆投下前から始まり、原爆のエピソードが圧倒的すぎて枕崎台風がほぼ印象に残らず表題と剥離している読後感に包まれた。原爆+台風という極限状態でも職務を果たした職員の姿が書かれているのですが、日本人なら別に珍しくないような。うーん。

あれは犬かな?

D700 + CarlZeiss Distagon T* 25mm f2.8 ZF 淡水

やたらと眠いので寝ます。

村上春樹の「ダンス・ダンス・ダンス」を読了。「ノルウェイの森」に続く2冊目。あれはセックスばかりしてて、うーん、という感じだったのだけど、こちらは日常の心のうつろいをひたすらメモったような、細やかな描写がよかった。ノルウェイの森もそうだったのかな?固有名詞や当然のように話すエピソードになんかわかんないところがあるな、と引っかかりを感じていたらシリーズものの最終刊だったことに気づく。

「卵をめぐる祖父の戦争」 デイヴィッド・ベニオフ 著。徹夜に近くなろうが読むのを止められなかった本は久々でした。とってもよろし。

ほとんど寝ていた

D700 + CarlZeiss Planer T* 50mm f1.4 ZF 台北市

朝、昼、夜もぐーぐー寝まくった土曜日。寝不足ってことはないけれど眠れるんだから寝ちゃいましょうぐらいで積み本を何度か落としながらソファで眠った。

正倉院ガラスは何を語るか」は、最初にオレの論は正しいのだ!の主張が出てきて、マイナス50点。そういうのは新書でやらなくていいから。器の製作時期がわかんないと書いてますが炭素14測定でわかるんじゃないのかな。実際に同じデザインのガラス器の製作方法を再現しているのはマルなんだけど、タイトルほどロマンを感じる内容ではありませんでした。

起きてた合間に仕込んだ水出し阿里山珠露茶のまろやかなことよ。阿里山珠露茶は高山茶の一種で、嘉義縣竹崎郷の海抜1,400m辺りで栽培されている青心烏龍のこと。この風味は高山烏龍茶・・・だ。珠露の漢字を日本語にすると玉露で、地域ブランディングのためにこの名前を付けてる気がする。

自宅で炭酸水が作れるSODASTREAMを買おうかと迷ったのだけど、空気中の二酸化炭素を圧縮して炭酸水を作るのではなくてボンベが必要なのね。日本価格より若干安いのだけど素直にペリエを買えば良いかとスルーした。それよりオーブンを買うべきだ。

黒いキャンバス

E-PL1 + LUMIX G VARIO 7-14mm f4.0

上の写真はスルーして読書感想文を書く。

ハチはなぜ大量死したのか」 ローワン・ジェイコブセン 著
読後に「オ、オレ日本に無事帰れたら蜂を飼うんだ」とつぶやいてしまう本。一昔前にハチが失踪しているというニュースを聞いて、あれは解決したのだろうか?と心の片隅でずっと気になってた。その原因らしき部分がわかります。ハチの一生を映像を見てるかのように書いた文章も絶品。ハチとハチミツが大好きになれます。オススメ。

イニュニック[生命]」 星野道夫 著
星野さんの無駄のないそぎ落とされたかのような透明感あふれる文章でアラスカでのできごとについて書かれています。エスキモーに伝わる伝承、生命について。座礁したクジラのエピソードなんて大らかすぎてすごい。いくつか引用。癌になったカメラマンとの会話。少し冗談めかして聞いた、とあります。

「ヘレン、人生の中で一番大切なことって何?」
彼女は迷わず答えたものだ。
「友だちだよ」と・・・・。
僕はこの言葉を一生忘れないと思う

アリューシャン列島のキスカ島でアメリカと日本の慰霊祭があり、それに参加した時、アメリカの老兵との会話。この方は絵が好きで、戦後は大学の美術の先生になったそうです。

「ミチオ、ふつう絵を描く前のキャンバスは真白だね。そこに少しずつ色を塗ってゆくわけだ。私はいつの頃からか、まず初めにキャンバスを黒く塗りつぶすようになった。その上に色を重ねながら描いてゆくんだよ。(中略) 私は、人が生きてゆくということは、その人生の暗いキャンバスに色を塗ってゆくことなのだと思う。それも、どれだけ明るい色を重ねていけるかということなんだ・・・・・・だがね、黒いキャンバスの上にどんな明るい色を塗っても、その下にある黒はどうしてもかすかに浮き出てくる。だから再びその上に色を重ねてゆく。私はね、生きてゆくということは、そんな終わりのない作業のような気がするんだよ・・・・・・」

前後もすばらしいので、ぜひ。

台湾で購入した本

E-PL1 + ZD25mm f2.8

長い間住んでいれば気になることもありまして、台湾で買える野菜と魚の本、そして山登りの本を購入。野菜図鑑には台湾の野菜の旬とか産地が書いてます。例えば、空心菜は春の終わりから秋に採れ、夏の暑い時期が最盛期。台湾全域で栽培されるが宜蘭の温泉で栽培されるのが有名、とか。

魚は市場で買うと名前はわかんないし、最近、スーパーでパック詰めされていた下記の魚は「台湾澎湖海域肉魚」と書かれてるだけで、名前がわからない。

図鑑を引いてみると台湾では「黄尾瓜」と呼ばれていて、英名「Shrimp Scad」で、日本だと「クロボシヒラアジ」と呼ばれる。確かに頭の後ろにクロボシがありますね。旨みの少ないあっさりした味わいでした。台湾周辺の岩礁によくいるそうです。