閑古鳥が頭上で舞うセイカツ

おかげさまで生きてます。ずいぶん更新していないブログを覗いていただいて、ありがとうございます。ここは調べ物して書いてるわけでもないので、今日は何々があったというような日記を書けばよいのだけど、後回しになってる。

お店は、三月になれば、暖かくなれば良い方に変わるでしょうとの他力本願な希望はあっさり打ち砕かれ、冬の低空飛行を続けることになり青い顔をしてた。というか今もしている。気温じゃなかったか。みなさまにとって行く価値のないお店なのであろうかと頭の中がぐるぐる回っている。

メニューとインテリアは好評な感じなので(目の前でダメだって言う人もいないだろうから鵜呑みにしていいのだろうかとも思うけど)、この原因はやはり場所なんだろうか?お店の場所が悪いってなんだろう。単純に、行こうっ!て時の敷居の低さであり、車社会だと駐車場で解決できる問題か。しかし、駐車場は高いし、近所に空きがない。真剣に探してない部分もあるな。ここはなんかお店が次々にできて次々に潰れるよねという場所を回避していればよいのか。場所。場所。場所。知名度?時間?それまでもつの?

なんだかよくわからない文章だ。

文字だけのエントリーなんて久しぶり。写真を撮りに行ってない。夜であろうと明るいレンズを持ってウロウロするぐらいはするべきだなあと閑散な午後に思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です