七星山に登る

E-PL1+ZD11-22mm 写真の一番高いところが山頂で、休憩している人がちらちら見える。

「瓶ケ森?」と問われると似ているような気がする台北市最高峰の七星山(1,120m)に登ってきた。ネットや本で調べてみたところ、バス停から1時間程度で登れるらしいので、天候が安定する春を待っていた。

6時前に目が覚めて陽明山方面を確認すると雲一つない快晴。バシバシ荷物を詰め込んで、始発のバスに乗り込み小油抗へ向かう。石段で整備された登山道はたまに硫黄の香りが漂い、壁のような斜度の場所が2、3カ所あるぐらい。片道約1時間で日頃の運動が会社と家の往復だけの私でも登れる程度の登山道だった。台湾なので頂上に臭豆腐やソーセージの屋台があったりしないか?と不安だったけどベンチだけで一安心する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です